フリーランスの屋号とSEO

インターネット時代の昨今、自分が考えた屋号をネットで検索して被っていないかということをチェックすることも大切です。もし被っていた際には、例えば事業でホームページを立ち上げた際にも、自分のサイトが埋もれてしまうような可能性があります。

実際にインターネットで屋号を検索し、まずは検索上位100件ほどの間に、自分の考えた屋号を持つ会社や個人、ホームページやブログなどが存在しないかを確かめましょう。なるべくならば、300件程度までくまなく調べておくとより安心です。

また、屋号を決める際には、ネット上で検索しやすい名前をつけるということも大切になります。漢字や数字、アルファベットなどが複雑に配置された屋号よりも、1種類の文字で分かりやすくつけられた屋号の方が検索もされやすいと言えますね。

加えて、今後自分の事業のホームページを持とうと考えていらっしゃる方は、SEO対策がしやすい屋号を考えるとより事業展開にも有利になると言えます。

SEO対策とは、「検索エンジン最適化」とも呼ばれており、自分のホームページが検索上位に来やすいように対策を行うことを指します。

例えば、1文字の屋号の場合には、その文字を含んだ名前の会社や団体が星の数ほどある可能性が高く、なかなか検索上位に自分の名前が来ないことが予想されます。文字数が3文字から5文字程度あれば、他の会社などと被ることが少なくなると言えるでしょう。

さらに、スマートフォンを意識した対策も有効です。スマートフォンのフリック入力で入力しやすいように、母音を中心にした屋号を考えると、より検索が行いやすくなるために検索上位に自分のページが上がってきやすくなります。

これらの対策はあくまでも一例であり、他にも自分の屋号のSEO対策をする方法は数多くあります。自分でホームページを持つ場合には、ぜひともこれらのことを意識して屋号を決めるようにしましょう。

Copyright © 屋号を決めてフリーランスに. All rights reserved.