フリーランスの屋号の確認事項

親しみやすく、短く聞き取りやすい屋号を頑張って考えだし、いざ名乗ってみようと思っても、実際に屋号が名乗れない場合にはその労力は無駄になってしまいます。

せっかく考えた屋号が名乗れないケースとして最も多いのが、同業者がその屋号をすでに商標登録して使用している、ということになります。屋号を考えて実際に使う前には、まずはこの点を必ず確認しておく必要があるでしょう。

具体的に商標登録がなされているかということを確認するためには、特許庁にその屋号が登録されているかを調べればOKです。実際に特許庁に出向いて調べることももちろんできますし、最近ではインターネット上で商標登録が行われているかを簡単に調べることも可能となっています。

せっかく時間を割いて考えた屋号がすでに商標登録されていたとしても、自分と同じ業種や業界でなければ使用しても良いということにはなっています。しかしながら、やはり同じ名前の屋号を持つ事業がいくつも存在するのは紛らわしいですし、できることならば同じ屋号を名乗ることは避けておいた方が良いでしょう。

同じ業種や業界において先に商標登録がなされている屋号を後発の事業が名乗ることは、基本的にはご法度とされています。違う屋号を考えるようにしましょうね。

また、屋号が被っておらずもし資金的にも余裕があるような場合には、ぜひとも自分の屋号も商標登録しておいた方が良いでしょう。商標登録を行うことで、少なくともその業界では屋号が自分だけのものになりますし、商標に関するいらぬトラブルを避けることにもつながります。

商標登録にかかる費用は、5年間有効のもので3万円程度からとなっていますので、今後のことを考えて商標登録を行うかもぜひとも考えておきましょう。

Copyright © 屋号を決めてフリーランスに. All rights reserved.