フリーランスの屋号のコツ

いざフリーランスとしての屋号を決定しようと考えだしても、あまりにも知識が少ない場合には一体どのような屋号を名乗るのが適当なのかということに悩んでしまう方も多いかと思います。

基本的な注意点として、屋号を決める際には分かりにくいものをつけない、ということが挙げられます。この場合の分かりやすさとは、相手にいかに覚えてもらいやすいかということになります。すなわち、長すぎる屋号や呼びにくい屋号は避け、短く誰にでも聞き取りやすい屋号にすることがおすすめです。

特に、実際に取引先に名乗った際に「どのように読めばよいのか」といった形で聞き返されてしまうような屋号は、取引先へ浸透させることも難しく、自己満足の屋号ということになってしまうでしょう。屋号は、あくまでも相手に伝わりやすいものである必要があるのです。

短く聞き取りやすい屋号である上に、親しみやすい名前であったり、どんな事業を行っているのか、どんな商品を扱っているのか、といったことがある程度分かったりするような屋号であれば、屋号の付け方としては100点に近いものだと言えるでしょう。

屋号を付ける際にもうひとつ注意しておきたいのが、「○○会社」「○○法人」などの、すでに法人化を済ませているかのような紛らわしい屋号を付けることはできないということです。このような「会社」「法人」といった屋号は、自分の事業を法人化してから初めて使用すべきものであり、個人事業主のうちに使うことはできないということも押さえておきましょう。

Copyright © 屋号を決めてフリーランスに. All rights reserved.