フリーランスでは屋号を決めよう

サラリーマンから独立し、念願の個人事業主、フリーランスとして歩みだした方の中には、事業を始める意思は固まったものの、まず何から行えばよいのか困っているという方も多いと思います。フリーランスになりたい方にとって、おすすめのサイトはこちらです。

個人事業主として開業することを決めた際には、まずフリーランスとしての「屋号」を決定することから始めませんか。開業届を出したり、事務処理を行ったりするのも、すべて屋号を決めてから行った方が良いといわれています。

そもそも、「屋号」とは、個人事業の名称や、個人でお店を持った際につけるお店の名前のことを指します。飲食店経営などを始めるという方で、自分のお店を持つタイプの個人事業主ならばイメージしやすいのではないでしょうか。

飲食店など、お店を経営するタイプの個人事業主であれば、屋号を決めなければそもそも事業を始めることができないということも多いと思います。しかし、クリエイターなどの方で独立した場合には、必ずしも屋号が必要でないという方もいらっしゃるでしょう。

屋号を必ずしもつける必要がない場合であっても、屋号にはビジネスを円滑に進められる効果があります。屋号があった方が、単純に取引先の相手に自分のことを覚えてもらいやすいということもありますし、屋号があった方が屋号のないフリーランスよりも信用を得られやすいということもあります。

個人経営のお店をイメージしていただけると分かりやすいと思いますが、屋号はひらがな、カタカナ、漢字だけでなく、アルファベットや数字を使うことも可能となっています。ですから、屋号を決める際にはかなり自由に自分のセンスを発揮して決めることができるということも、ぜひ覚えておきましょう。

Copyright © 屋号を決めてフリーランスに. All rights reserved.